2013年1月24日木曜日

散財

先週末、大阪で自転車屋さん巡りしてきました。

今回エアロヘルメットを初めて購入。
また、消耗品:タイヤ・チューブ・バーテープをまとめ買い。

タイヤにおいては、以前の記事でネタにしたVeloflexのMaster 20に加え、
Corsa20とMaster22を買ってみました。

・Master20に比べて少し太い22はどうだろう?
・スペック上はMaster20同じだが、あえて別モデルとして出してるCorsa20はどうなんだろう?
という点が気になったので購入。

なんか違いが分かったら報告しますねー。


2013年1月13日日曜日

毒キノコ

フィルター交換して、無事に毒々しい色になりました。
いつ交換したかも分かるよーに、交換時期もメモ。

いやー、エボってこんなによく走る車だったんだ(笑)

2013年1月5日土曜日

朽ちたキノコ

最近、我がエボ3の調子が急に悪くなりました。。。
なんかアイドリングが安定しないし、排気が生ガス臭い。
加速も鈍くなったような。

ISCVとかセンサーの類の不調だとめんどくさいな〜と思いながら、
とりあえずエアクリを外したら…いきなりエライ事に。
。o ◯(キヌガサタケに似てるね)
裏。






朽ちて穴あいてますがな。
この無くなった部分はいずこへ?
と思ってエアフロメーター(かな?)側を見てみると、
ありました。
よかった…ここで引っかかってて。。。

これらを掃除機で吸って、早急にフィルターを注文しました(汗)

そもそもこの車を譲ってもらった時点で、
フィルターがいつ交換されたものなのか不明だったのに、
さっさと交換しなかった事が原因ですね。
しかもデフォルトが「黒」だと思い込んでいたのもNG。
黒はもとからラインナップに無く、最初から汚れて黒かっただけ。
無知とは恐ろしい。

中古車は注意しましょう。。。

2012年12月19日水曜日

タンク補修(色塗り)

いよいよ…塗ります。

【注:マネしても良いですが、失敗しても一切責任とりません。】

色は黄色。デイトナ製MCペインターの、スズキ純正色のフロリーナイエローを使用。
ちなみにこの色はバンディットに使用されてました。↓コレ。

目が覚めるような鮮やかな黄色なので…非常に好きな色の一つです。
また、メタリックでもパールでもない、
ただの単色なので失敗が少ないのも選んだ理由の一つ。


じゃあ塗りますよ!
まずは色が塗りにくいところから吹いていきます。

そして全体に薄く色を乗せて、一日ほど置きます。

同様に少し色を吹いて一晩置いてを繰り返し…

大体均等に色が付きました。
(夏っスね…)

多分4回位に分けて塗ったかな?
スプレー缶は1本いかないぐらいで済みました。
別に一晩も置く必要はないですが、仕事から帰ってからやってるので
あんまり時間がないのです。自転車の練習もせにゃいけんし。

そんで、2週間ほど放置して、しっかり乾いたところで一手間。
ちょっと色気を出してみます。

マスキングテープを貼って…


他に色を付けたくないとこはそこらへんにあった紙で養生して、
今度は黒を吹きます。


ホコリが付かないように一晩放置。



さて、うまくできたかな?ペリペリ...


こんな感じ。2本の子持ちライン…結構いいじゃない!


でもまだあるんだよね。
これでかえって変になったらどうしよう…

ペリペリ...


おお!!さらにイイ感じ!!


別角度から。スズキのデカールも貼ってみました。


これでようやく形になりました。長かった…
でもまだクリアのコーティングが残ってます。
タンク完成までもうちょい!!

2012年12月16日日曜日

タンク補修(下塗り)

【注:マネしても良いですが、失敗しても一切責任とりません。いや今回は失敗しないか…】


パテを盛った周辺以外の塗装を、下地が食いつきやすいように
紙ヤスリでザラザラにします。
(実は既に錆び取りのときにはやってました。
 順番は前後したけど、このタイミングの方が分かり易いかと。)



 さて、とうとう塗装工程へ。個人的にはこれが一番好きな作業。
何回かに分けてプラサフを塗っていきましょう♪

一回目

一日おいて、二回目
 芸術的…(?)

 また一日おいて三回目

もう一日おいて…4回目。
これでまんべんなく真っ白けっけになりました。
スプレー缶は大体1本半ってとこでした。
もう凹み補修の跡は見えず。

んで、600番くらいの紙ヤスリ(耐水ペーパー)で全体を水研ぎして、
ザラザラした表面を均等にならします。
(後から確認したけど…写真が分かりにくかったので割愛)

じゃあ次は色を付けていきましょう!


2012年12月10日月曜日

Windtunnel test



頭のフラッシュサーフェス化は効くのかね…

いやなんでもないです、スミマセン。

2012年12月5日水曜日

タンク補修(凹み修復)

【注:マネしても良いですが、失敗しても一切責任とりませぬ】

さて、次はこの凹みを何とかします。
10mmほど窪んで、縁の塗装が割れてそこに一部錆が浮いてますね。


とりあえず荒めの紙ヤスリでゴシゴシ…
 何やらパテ(濃い黄色のトコ)が出て来ました。
過去だれかが修復したようです。

そのまま小一時間ほど紙ヤスリで磨いてみましたが、
なんか飽きて来たので化学の力を借りる事にします。

塗装はがしスプレー。
絶対イタズラに使ってはいけませんよー。

これをブジュゥゥゥッと吹きかけて数分放置すると、
このように塗装がガビガビになって浮いてきます。

これを木製のヘラかなんかでこすると、簡単に塗装が取れちゃいます。
恐ろしい程の力だ…
 

剥離剤で弱った周辺の塗装を少し広めに紙ヤスリで削り、
一緒に錆も削っちゃいます。
で、洗浄&脱脂。

その後はパテで埋めてしまいます。
 適当に盛ります。盛りすぎたら削ればイイだけの事ですので。


3日程放置して、ようやくほぼ固まりました。
(説明書には確か1日ぐらいって書いてたけど…。ちなみにこの時は夏。)
 水分が抜けてツヤがなくなってるのが分かるかな?

 これを紙ヤスリで平らにして…

表面を整えます。

色はアレですが、触ってみると大体なめらかな感じになりました。

次はとうとう…塗装に着手しますよ!